婦人

肝斑を治療して綺麗になろう|医師の力を借りてしっかり治す

顔にできるシミの原因は

注射

肝斑は女性だけに起こるシミで、顔の真ん中に左右対称形で現れるのが特徴です。治療方法は飲み薬や塗り薬が中心ですが、最近はレーザーによる治療方法もあります。女性ホルモンの乱れが原因と考えられますが、ストレスが原因のこともあり、そのため、スポーツなどによるストレス発散は、肝斑の予防にもつながります。

詳細を読む

シミの自己判断ケアはNG

顔

肝斑はシミの一つとして分類されており、紫外線などを原因として発生します。美容クリニックで施術を受けることができますが、内服薬や外用薬を服用することで治すこともできます。内服薬は体全体の皮膚に効能があるようです。

詳細を読む

女性特有のシミの改善

フェイス

左右対称に出るシミ

シミは紫外線によるものだけではなく、女性特有の肝斑と呼ばれるシミもあります。頬骨の辺りに出るもやっとしたシミで左右対称に出ることも特徴的です。原因ははっきりと分かっていないものの、女性ホルモンの減少やホルモンバランスの乱れなどをきっかけにして、起こりやすいとされています。肝斑を改善するためにはそれなりの努力も必要ですが、手軽に行える治療では、市販薬を利用するという方法があります。肝斑の改善にはトラネキサム酸が良いとされており服用することで改善を目指していきます。メラニンの発生を抑える効果があり、色素が薄くなり目立たなくなっていくとされています。飲んですぐに消えるというわけではありませんので、ある程度の期間は根気良く続けていきましょう。

医療機関で行われる施術

市販薬でなかなか改善しないという場合は医療機関での治療も検討してみましょう。肝斑の治療は美容外科や美容皮膚科で提供されていますので、まずは診察を受け、それぞれに合う治療法を選んでいきましょう。医療機関の治療ではトラネキサム酸の服用、さらにハイドロキノンなどの塗り薬が処方されることもあります。以前は肝斑にはレーザー治療は有効ではないとされていましたが、今は対応できるマシンも登場しています。このほかの方法では美白注射やビタミンC点滴で改善していく方法もあります。紫外線によってできるシミとは違いますが、紫外線に当たることでさらに悪化してしまうこともありますので、紫外線から肌をしっかり守っていきましょう。

肌の深部にできるシミ

照射

肝斑は、ホルモンバランスの乱れによって肌の深部にできるシミです。美白化粧品では消しにくいのですが、美容系クリニックでのトラネキサム酸による治療なら、消すことが可能です。また、肌の深部に熱を与えるタイプのレーザーを使った治療でも、薄くしていくことができます。

詳細を読む