レディー

肝斑を治療して綺麗になろう|医師の力を借りてしっかり治す

シミの自己判断ケアはNG

顔

原因と特徴

肝斑はシミの一種です。30〜40代女性に多く見られ、高齢になると薄くなる特徴があります。頬骨の高い位置を中心に左右対称に広がるシミで、目の周りにはできないのが特徴です。色が褐色〜薄褐色で、雀卵斑(ソバカス)と色や範囲が被っているため自己判断が難しいシミです。肝斑の原因には他のシミ同様、紫外線が挙げられます。できてしまった肝斑をさらに悪化させてしまう原因になるので、治療を検討されている場合は特に紫外線対策をしっかりとしましょう。妊娠時や経口避妊薬(ピル)を服用している期間は、紫外線に敏感でホルモンのバランスが不安定な状態です。ホルモンの影響を受けやすい年代に多いことから、肝斑は女性ホルモンと深い関わりがあるとされています。

内服薬と外用薬

一般的に美容クリニックでのシミ治療にはレーザーが多く用いられます。治療の際は専門の医師による正しい診断が不可欠といえます。その他の治療は、内服薬と外用薬を使用した方法です。内服薬はビタミンCとトラネキサム酸という成分で、これはアミノ酸の一種です。メラニンの増加を抑制してシミを予防しながら改善します。内服薬のメリットは、顔だけでなく全身の皮膚に効果があるところです。腕や首筋、デコルテといった薄着の季節に目立つ部分には嬉しい効果ですね。内服薬の効果は約4〜5週目から実感できます。外用薬はハイドロキノン、トレチノインが処方されます。ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制して、トレチノインは肌のターンオーバーを活発化して肝斑を押し出すように排出してくれます。