レディー

肝斑を治療して綺麗になろう|医師の力を借りてしっかり治す

肌の深部にできるシミ

照射

トラネキサム酸の服用

肝斑とは、40代頃の女性の顔にできやすくなる、シミの一種です。40代頃になると、女性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスが乱れやすくなるのですが、それが原因のひとつとされています。紫外線が原因となっているシミと異なり、肌の比較的深部に生じるシミなので、美白化粧品では消すことが困難です。しかし美容皮膚科や美容外科での治療でなら、消すことが可能となっています。具体的には、トラネキサム酸による治療がおこなわれています。トラネキサム酸には、肝斑の直接的な原因となるメラニン色素の生成を抑える力があるのです。服用することで、新しい肝斑が作られにくくなりますし、肌の代謝によって、古い肝斑は徐々に消えていきます。そのため治療を続けることで、最終的には肌は白さを取り戻すのです。

深部に熱を届けるレーザー

また、肝斑はレーザー治療によって消すこともできます。ただし、紫外線によってできるシミを消す場合とは、種類の異なるレーザーを使う必要があります。紫外線が原因となっているシミは、肌の比較的表面にできます。そのためそこをレーザーで焦がせば、かさぶたとしてはがすことができるようになるのです。しかし肝斑の治療の場合は、肌表面だけでなく、肌の深部にもマイルドな熱を届けることができるタイプのレーザーが使われます。そして、焦がすわけではなく、熱による刺激で肌細胞を活性化させるのです。するとメラニン色素が老廃物として排出されやすくなり、肝斑が薄くなっていくというわけです。このレーザー治療は、トラネキサム酸を服用しながら受けると、一層効果が出やすくなります。